2018年の業績を追加しました。

2018年の業績を追加しました。

1. Komori T, Dainichi T, Masuno Y, Otsuka A, Nakano H, Sawamura D, Ishida-Yamamoto A, and Kabashima K. The p.Glu477Lys mutation in Keratin 5 is not necessarily mortal in generalized severe epidermolysis bullosa simplex under intensive dressing care.
J Dermatol., in press.

2017年の業績を追加しました。

2017年の業績を追加しました。

28.  Hattori M, Shimizu A, Nakano H, Ishikawa O.
A mild phenotype of junctional epidermolysis bullosa with pyloric atresia due to a novel mutation of the ITGB4 gene.
J Dermatol, 2017. in press

27. Fujimori N, Komatsu M, Tanaka N, Iwaya M, Nakano H, Sugiura A, Yamazaki T, Shibata S, Iwaya Y, Muraki T, Ichikawa Y, Kimura T, Joshita S, Umemura T, Matsumoto A, Tanaka E. Cimetidine/lactulose therapy ameliorates erythropoietic protoporphyria-related liver injury.
Clin J Gastroenterol. 2017 Oct;10(5):452-458.

26. Yoshioka A, Fujiwara S, Kawano H, Nakano H, Nakano S, Matsui T, Katayama Y, Nishigori C. Late-onset Erythropoietic Protoporphyria Associated with Myelodysplastic Syndrome Treated with Azacitidine.
Acta Derm Venereol. 2017 Oct 23. [Epub ahead of print]

2017年の業績を追加しました。

2017年の業績を追加しました。

Hattori M, Shimizu A, Oikawa D, Kamei K, Kaira K, Yamamoto A, Nakano H, Sawamura D, Tokunaga F, Ishikawa O. ER stress in the pathogenesis of pretibial dystrophic epidermolysis bullosa.
Br J Dermatol. in press.

Suzuki H, Kikuchi K, Fukuhara N, Nakano H, Aiba S. Case of late-onset erythropoietic protoporphyria with myelodysplastic syndrome who has homozygous IVS3-48C polymorphism in the ferrochelatase gene.
J Dermatol. in press.

 

2016年の業績を追加しました。

2016年の業績を追加しました。
Akasaka E, Hagiwara C, Takiyoshi N, Aizu T, Ota T, Nakano H, Sawamura D. Elevated levels of circulating immunoglobulin E autoantibodies against BP180 and BP230 in an intractable case of bullous pemphigoid
J Dermatol Sci 2016, in press.

Ninomiya Y, Kokunai Y, Tanizaki H, Akasaka E, Nakano H, Moriwaki S. X-linked dominant protoporphyria: The first reported Japanese case.
J Dermatol. 2016; 43(4): 414-418.

青森乾癬患者友の会設立

 2016年6月12日に青森乾癬患者友の会が設立されました。
案内ポスター

  日本乾癬患者連合会は全国に患者会があり、全国の患者会の連携、乾癬患者のQOL(生活の質)の向上、乾癬を正しく知ってもらうための社会への働きかけ、乾癬の治療・研究への協力を目的に活動しています(日本乾癬患者連合会HPより転載)

 青森患者会の発足経緯につきましては、橋本秀樹先生(つばさ皮膚科・院長/山形乾癬友の会・相談医)が山形乾癬友の会HPにてご紹介されています。

 青森県乾癬患者会の相談医は青森県立中央病院皮膚科の原田 研先生、当教室の滝吉典子です。

 講演会は年2回の開催予定です。活動にご参加される方、ご興味のある方は案内ポスター記載のお問い合わせ先へご連絡ください。